コピーやスキャンをする

便利なコピー機能

家庭用のプリンターの中でも、コピーやスキャン、FAXなどの様々な機能を併せ持ったものは、多機能プリンターや複合機という呼び名がついております。
この複合機ですと、単純なプリント機能しかついていないプリンターよりも出来ることが格段に増えるため、非常に便利です。

複合機の機能の一つ、コピー機能では、紙の原稿などのデータを読み取り、同じものを複製する機能で、いわゆるコピー機の役割を果たすものになります。
つまり、コピー機能が備わっていると、わざわざコンビニなどにコピーを取りに行く必要がなく、家庭で済ませられますので、凡庸性がとても高いです。
意外とコピーを取りたい機会というのは、日常生活においてもあるでしょうから、上手に活用するとよいかもしれませんね。

スキャン機能が役立つ場面

複合機の場合ですと、スキャン機能というものが備わっており、これは読み取ったデータを複製し印刷するのがコピーであるのに対し、今度は読み取ったデータをパソコンなどに保存しておける機能を指します。
例えば、雑誌や書籍などをコピーしたいけれど、全ページを印刷してしまうと、膨大な量になるため、印刷後の用紙の管理というのが大変です。
スキャンであれば、読み取ったデータはパソコン内に保管されますので、場所をとる必要がなく、管理しやすいという点でメリットが大きいのです。

他にも、仕事などでデータとしてメールなどに添付して送りたい場合などは、スキャン機能が活用でき、非常に便利です。
パソコン上で保管しておくと、ちょっと手を加えて修正したい場合なども簡単におこなうことができますので、用途に応じて使用してみましょう。