銀行カードローンと総量規制の関係性

お金は必要だけど、全然蓄えがなくて困っている人もいることでしょう。他人に借りる方法もありますが、他人に頭を下げてまで借金をしたくないならば、カードローンを利用する方法があります。簡単な手続きで融資を受けられるので、いろんな人が利用しています。カードローンをどこの業者に申込むかで迷う人もいますが、業者によって特徴が違うのでじっくり確認することが大事です。

カードローンを選ぶ時の重要なポイントは、総量規制の関係性でしょう。消費者金融では総量規制がある関係で、年収の3分の1を超えた借り入れができない決まりになっています。他社からの借入がある場合は、借り入れ額と年収を加えた額が、年収の3分の1を超えないことが決まりになっています。銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収を気にすることなく借入ができます。年収がまったくない専業主婦でも、銀行カードローンは総量規制と言われているものではない融資カードローンなので、配偶者に安定した収入があることを条件に融資を受けることができます。

銀行カードローンは金利は低くて返済は楽ですが、申込み条件が消費者金融に比べると厳しいことも多いです。年収はいくら以上とか、勤務年数は何年以上と決まっている所もあるので、良く確認するといいでしょう。銀行カードローンは審査が遅く即日融資にも対応していない所が多いですが、大手の銀行カードローンでは、審査が早く即日融資にも対応しているので、急いでお金が必要な人には人気があります。