任意整理で支払いが遅れたら?

任意整理とは債権者と債務者が話し合って借金を大幅に減額してもらうものです。自己破産でしたら今後一切の返済が必要なくなりますが、それとは異なり債務者は3年から5年の間継続して返済を続けていかなければいけません。もしもこの返済が遅れたらどうなるでしょうか。
1か月程度の遅延なら謝れば許してもらえることがほとんどです。たとえば、急な用事があってうっかり振り込みを忘れたという場合は、気づいた時点で連絡して振り込むようにします。次回から遅延なく支払えばそれで終わりです。特にペナルティはありません。しかし、2回以上支払いが遅れてしまった場合は債権者は残金の全額返済を求めることができますので次からは気を付けるようにします。
しかし、仕事を失ってしまったり病気になったりして継続して支払いが困難になってしまった場合は別です。今後の返済の目途がたたないわけですから、弁護士などの専門家にもう一度相談しましょう。自己破産や個人再生など別の方法でもう一度債務整理をする必要があります。住宅の差し押さえなども覚悟しなければいけないケースもあります。
任意整理は債権者に妥協してもらって払える範囲での支払いを約束したものです。2回、3回と返済が遅れたら一括返済を求められるなどして任意整理の計画そのものが狂ってしまうことになります。リストラなどどうしようもないことが理由なら仕方がありませんが、ついうっかり何か月も遅れてしまったということがないよう注意しましょう。